読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座右の銘「グーで殴る」

セカンド童貞がお金持ちのお嬢様のリムジンに轢かれた事をきっかけに逆玉に乗るまでの日々

捨てることと嫌われること

人間には得意不得意がある。


俺は捨てることがめちゃ苦手だ。


先生になった時に使うかもしれないと、自分の履歴書に載らない大層な名門校の赤本をずーーっと本棚1番上で温めていた。


ポケモンで言えば、げんきのかたまりが使えない。


ゼルダ64で言えば、青の薬が使えない。


ファイナルファンタジーで言えば、ラストエリクサーが使えない。


初めてキスをした女の子からのラブレターだって、いつかスナイパーに胸を撃ち抜かれた時にたまたま俺の胸ポケットに入ってて銃弾止めてくれるかもしんねぇな、とか思うと捨てられない。


とにかく、居合斬りの瞬間を待って待って、今だ!と思う頃には自分の首が落ちてるか、仲間が敵の首を刎ねてくれてる。そんな男なのだ。自分ではタイミングを逃し続ける。


これは慎重であるとか、男らしくないとか、用心深いとか、思い切りがないとか、身長が低いとか、周到とか色んな言葉に置き換えられる。


そんで人間関係にも完全に敷衍して当てはまっていて、人に嫌われるのが怖いが故に常に言葉の裏を考えてしまう。


「どれどれ?彼女この人?うわめっちゃいい子そう〜!」は「別に可愛いくねぇな」を


「行けたら行くわ」は「めんどくさい」を


「これはマニアにはたまらない一品ですね」は「言うほど美味しくない」を


「電車遅れててさ」は「うんこなう」か「今電車乗るわ」を含んでいることが多々あると思って聞いている。


最近人にわかってもらえないな、と思うことが増えた。


自分が本当に喜んでることが信じてもらえなかったり、相手が言う俺がこういうことが好きでこういうのが嫌いみたいな事が、てんで外れてたりとかそういうのが多い。


相手の言葉の裏を探しに探して、空港ばりにボディチェックとかしちゃって、傷つかないようにと必死な俺の猜疑心が臭いみたいに相手に伝わっちゃってるって事なんじゃないかなって思う。


構え過ぎてる結果、相手の中の自分の言動とか印象の一致が起きなくて輪郭がボヤけてきちゃうみたいな。


もう少しナチュラルにいれたらと思うんだけど、新しい環境や分析しきれてない人の前ではすっかり借りて来た猫、相手を観察する事に徹してしまう。


強く、優しく、正しくいるなんて事はできない。その全てが矛盾しているからだ。立派になんてなれない。


だからせめて、優しくいたい。今、自分には優しいが他人には優しくできていない。


甘やかす事と優しくする事は同義ではないところまでは、思慮分別があるつもりだ。


優しくいたい。オロナインのように。バファリンの半分のように。


おわり(・ω・)